家庭用ひのき風呂のお取扱方法について

家庭用ひのき風呂の取扱上の注意

○ 浴室内を熱気のこもったまま放置しておきますと、悪臭やカビ等の発生原因と
   なります。又、ひのき風呂の傷みが早くなることがありますので、入浴時間以
   外は換気、乾燥を心がけてください。
   (但し、直射日光による乾燥はお避け下さい。)

○ 夜、入浴した最後の人は、必ずお湯を抜いてください。シャワー等で軽く
   水洗いしてください。朝までお湯を張り放しておくとお風呂の内側に
   「ぬめり」がついて不快になります。

○ 入浴後お湯を抜かない場合は必ず風呂フタをして、換気扇を30分位
   回してください。又、窓がある場合は窓を開けて換気を心掛けてください。

日常のお手入れ方法

○ 浴槽を洗う時は柔らかいスポンジ、又はスケッパーでよく水洗いして
   ください。木肌が荒れますのでタワシは使用しないでください。

○ 洗剤は市販の中性洗剤を使用し、よく水洗いしてください。

その他

○ カビが生えてしまい、浴槽が黒ずんできたら、市販のカビ取り洗剤等を
   布に染み込ませて拭いてください。その後、よく水洗いしてください。

○ 上記の方法でもカビが取れない場合は、?オーヤラックス製
   「ピューラックス」という薬品を薬局でお買い求めの上、約10倍に
   水で薄めて布に染み込ませ、30分位カビ部分に張り付けて放置した
   のち、よく水洗いしてください。

○ 5日以上にわたって風呂を使わない場合は、浴槽内に水を入れたバケツ
   を入れ、風呂フタをしておく等の処置をしてください。乾燥による
   木のワレを防ぎ、水漏れを防ぎます。(業務用・介護用共通)

戻る

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK